2018年4月22日日曜日

USI-tech(ユーエスアイテック)の1.0へのリペイ(返金)がどれぐらい遅いかについて:私の進捗状況をシェアさせていただくと。。。

こんにちは
USI-techのBTCパッケージ1.0への返金についての発表は、
3月7日にバックオフィスのポップアップするお知らせに記載されていましたが
この中の

The income from the direct sale of a BTC 2.0 Package sales is split as follows:
 35% to commissions for the referring upline
 ​15% for company expenses
​ 50% for repayment of: (obligations at 24th Feb, 2018)
  Remaining 1.0 packages
  Outstanding commissions
  Prior wallet balances

の部分、

BTC2.0パッケージの直接販売の売り上げからの収入は以下に分配されます:
 35%は、アップラインへの紹介コミッション
 15%は、企業の経費
 50%は、以下への返済(2018年2月24日現在の責務)
  残りの1.0パッケージ
  未払いのコミッション
  以前のウォレットの残高

が、ひびいているなあと思います

(そのための対応も含めた内容でした。全訳は、こちらに書いています、ご参照ください>>USI-techより旧1.0パッケージの支払い内容が届きました 

 その後も、「ハッシュを購入してマイニング量を増やすなどしているけれど、経費の高騰や、ビットコイン価格の下落などでなかなか進まない」ことも、お知らせが出ていますが、どれぐらいリペイ(返金)が遅いか

ほんとに遅いですね

******************

私の場合ですが
以前は、毎日付く利益から、
BTCパッケージをほぼ毎日10パッケージから15パッケージ購入していました
1パッケージは50ユーロなので、500ユーロ分あるいは750ユーロ分=約6万6千円分あるいは9万9千円相当を毎日リバイに充当できていました。
毎日が素敵なお給料日って感じだったんだなあと、今は遠くを見る目ですが。




プラス、引き出しを以下のペースでしていました。
一回の引き出しは0.1ビットコイン相当。約9万4千円分。
(最後の引き出しは1月3日。その後の1月5日の引き出しリクエスト2回却下になりました。)
私は大黒柱なので、大変助かっておりました。



ところが、1.0が停止して、リペイが開始。
そしてそれがすごーーーく、小額づつ。

その後の状況ですが、1.0のリペイがやっとたまって、2.0を1パッケージだけ(50ユーロ相当)リバイしたのが、3月7日。


そして1.0のリペイが引き出せる金額までたまって、引き出しリクエストを出したのが昨日です。金額は、0.0185ビットコイン(1万7千円相当)

かなりスピードが落ちているのがおわかりかと思います。

リペイのスピードアップを図る努力をしているとのことですが、お願いしますよ、USIさん、と願う気持ちと、残りはもうダメかもと思う気持ちのほうが、やはり大きい私です。
願い1割り、あきらめ9割みたいな。

しかし今回実際に引き出し(まだ受け取っていませんが、本日中に受取れる予定。受取ったらまたブログに書きます)できたので、
希望をもって待ちたいところです。

またシェアさせていただきますー




2018年4月21日土曜日

USI-Tech(ユーエスアイテック)のリペイ(返金)を少し引き出しましたので、その詳細も合わせてご報告

こんにちは

久しぶりにUSI-Tech(ユーエスアイテック)のリペイ(返金)が入り、
ようやく引き出せるだけの額になりましたので、引き出してみました。

ここで、今回のUSIの現在の要点の確認です
********************
*)BTCパッケージ1.0は停止、購入時価格(100%)を(私たちへ)返金するとのこと
  (140%は出ない)

 *)1.0のパッケージのリペイ(返金)は、BTCパッケージ2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ、自動的に入る。
 (なので、Available Balance (利用可能な残高)に表示されている数字は一向に増えず、どうなっているんだ!と思い続けてかなり経った頃に、数字が変わるという感じです)

 *)1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る

 *)BTCパッケージ2.0と1.0の違いは、1.0は5営業日のみ利益がついたけれど、2.0は毎日付く。他は同じ。以前の1.0と同じく、140%利益が出れば寿命終了。(ただし、いろいろな問題がおきてから現在は、日利の利率がかなりかなり低くなっているようです)

 *)1.0と2.0は同じ価格(50ユーロ)ただし、50ユーロ相当のビットコイン価格。

 *)1.0へのリペイは、利益の余剰金からの分配になるため、なかなか利益が出ないようです。

 *)ただし、マイニングハッシュを購入し、リペイの速度をあげようと努力中とのこと

 *)Available Balance (利用可能な残高)は、BTC2.0のリバイ(利益で購入)に当てるか、引き出しが可能

 *)引き出しは100ユーロ(相当のビットコイン)がたまってから出せる

 *)引き出し手数料は2%
***************
まとめると、こんな感じになるかなと思います。

さて、以下私のバックオフィスです。

1)ログインすると、右側(赤枠で囲んだ部分)に、My Available Balance (利用可能な残高)が出ています。
上に書きましたが、「1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る」ので、この数字が、まったく変わらない日が長らく続いて、突然ぽっと数字が変わる、という感じです。


2)左メニューのMy Wallet(わたしのウォレット)へ行き、ビットコインを引き出すことにしました。
右の緑色のWithdraw(引き出し)ボタンをクリック。
(日本語だと「撤退」と出ています。変換が妙ですが、「引き出し」です。

3)緑のWithdraw(引き出し)ボタンをクリックすると、引き出せる画面になりますが、Amount to Withdraw(引き出す金額)をビットコイン価格で入力する空欄の下に、(Minimum withdrawal amount is 0.01366120BTC)と出ています。これは「引き出せる最小金額は、0.001366120ビットコインです)という意味ですが、こちらのビットコインは、今現在の100ユーロ相当のビットコイン価格です。
上の要点にも書かせていただきましたが、「1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る」ため、100ユーロ相当には足りず、数字も変わらず、かなり私は待っておりました。


そして全額を引き出そうと試みましたが、Amount to Withdraw(引き出し金額)に、全額を打ち込んでも、2%の引き出し手数料が引かれた金額に勝手に調整されて出てきてしまうので、今回、0.0185ビットコインを引き出すことになりました。


引き出し方法を新たにまとめました。