2018年3月7日水曜日

USI-techより旧BTC1.0パッケージの支払い内容の詳細が届きました

こんにちは、CryptoChiemiです
ユーエスアイテックより、旧BTCパッケージの返済についての詳細が届きましたので、
わかりやすく&できる限り忠実に訳してここにシェアいたします。


BTCパック1.0、コミッション、および利用可能な残高に関しての返済プランのご案内


透明性を重視し、ご理解いただくため、当社は以下の情報を提供し、皆様のUSI Techへのご要望が失われることが無いよう、サポート要請にこたえたいと考えています。
皆様へビットコインを返却するにはしばらく時間がかかるプロセスでございますが、これが皆様に確実に良い結果をもたらすための唯一の経緯となると当社では理解いたしております。

BTC2.0パッケージの直接販売の売り上げからの収入は以下に分配されます:
 35%は、アップラインへの紹介コミッション
 15%は、企業の経費
 50%は、以下への返済(2018年2月24日現在の責務)
  残りの1.0パッケージ
  未払いのコミッション
  以前のウォレットの残高
 
USI Techが管理しているマイニングからのマイニング収益は、ペタハッシュ当たり5,200パッケージへ分割します。
現在USI Techは110ペタハッシュを所持しており、これにより572,000パッケージが販売されます。

マイニングから光熱費を差し引いた日々の収益は、パッケージ間で均等に分けられます。
未販売のパッケージからのマイニング収益は、上記の債務返済へ充当します。
言い換えますと、仮に30,000パッケージが購入されている場合、残りの未販売である542,000パッケージのマイニング収益を、その日の債務支払いへ充当します。

USI Techはまた、イーサリアム・マイニングへも投資しており、定期的に経費を差し引いた後、債務の支払いへの資金に充当予定です。
イーサリアムは適切な市場状況の時にビットコインへ交換し、債務プールへ充当します。

数ヵ月後には、600ペタハッシュのマイニングが追加となっている予定で、これにより債務返済量を増加できる予定です。

2月24日現在の債務返済については、日々の利用可能な資金は全て、以下の公式に基づいて割り当てた「分配(シェア)」をベースに、適切に分配してまいります。

「分配(シェア)」による支払いは以下のように機能いたします:

各0.001ビットコインごとに、メンバーは分配(シェア)を受ける
端数がある場合、切り上げ。
0.001ビットコイン未満を所有しているメンバーは、切り上げて1分配(シェア)とする
全コミッションの残高、全ウォレット残高、パッケージの100%までの全ての残りの残高は、どのように購入したかにかかわらず、この公式を用いて、全て返却されることになります。

USI Techはビジネスを維持するため、および大多数のメンバーへより良い策と考えられる場合は、必要により公式を修正する権利を有します。

1.0パッケージをパートナーへリバイで購入した方への追記

全てのパッケージは、リバイやパートナーによるリバイでの購入、ウォレットからの支払いによる購入を含み、どのようにパッケージを購入したかにかかわらず、購入時の価格100%まで、返金いたします。
リバイによりパートナーへパッケージを購入した場合は、そのパッケージを受取ったパートナーへ返金されます。

購入時の金額以上(100%以上)を受取ったBTC1.0パックは期限切れとなり、返済対象となりません。

例1:

*BTC1.0パッケージを1ビットコインで購入したとします。
そのリターンが現状で0.7ビットコインとします。(購入時の価格100%になるまでは、残り0.3ビットコインです)
*この0.7ビットコインを使って、さらにBTC1.0パックを購入(リバイ=利益を使って購入)しました。
*あなたは、リバイに支払った0.7ビットコインに対して100%のリターンを受取ることになります。
*あなたが受取る純粋な利益は、1ビットコインから前回引き出した金額を引いたものになります。

(訳注:ちょっとわかりにくい英語なのですが、つまり
 例えば1ビットコインで旧BTCパッケージを買っていたとして、
 リターンが0.7ビットコインの出たところでその07ビットコインを使って、リバイで旧BTCパッケージを買足していたとすると:

 最初の旧ビットコインの購入価格100%までの残りのリターン=0.3ビットコインと、
 次の旧ビットコインの購入価格100%=0.7ビットコイン

 が、返却対象になりますよ、ということのようですね)


例2:

*あなたは、BTC1.0パックを1ビットコインで購入し、1.4ビットコインがリターンとして入りました。
*1.4ビットコインの価値分をリバイに使いました。
*今日までに、リバイによるものは、0.8ビットコインのリターンが付いています。
*リバイのパックの購入価格100%までは、残り0.6ビットコインです。
*リバイに使った1.4ビットコイン分100%のリターンから事前に引き出した分を差し引いた分を受取れることになります。

(また私の訳注になりますが、
 たとえば1.4ビットコインで旧BTCパッケージを買っていたとして
 そのリターンが1.4ビットコイン出たところで、そのリターンを全部使って、リバイで旧パッケージを買足したとすると:

 最初の旧ビットコインの購入価格100%=全てリバイで使ったので ゼロ
 次の旧ビットコインの購入価格100%=1.4ビットコイン

 が、戻ってきます。
ただし、途中で、たとえばここから1ビットコイン引き出していたら、残りの0.4ビットコインが戻ってきますよ、という例のようです。)

当社は、意思を繰り返し述べ、かたく決断し、USI Techに関わる全ての方が、ビットコインを損することのないようにいたしました。

上記計画は、事業を推進していくには直面するほか無い当社の損失となるものです。
予期した結果ではないかもしれないと理解をいたしておりますが、皆様のビットコインを返却することが当社にとっては最優先事項です。
当社は経験から学び、システムを追加し、チェックを行いました。

当社はBTCパック2.0を完全に透明で維持可能なように再設計し、USI Techファミリーが確実に前進できるようにいたしました。

当社の成功は、皆様の当社に対する信頼によってのみもたらされるものであり、皆様へ感謝申し上げます。
過去の誤りから当社を判断するのではなく、当社が直面した課題をどのように解決しようと取り組んできたかをご覧頂ければと願っております。
当社のミッションは、皆様の利益を守り、ビジネスを促進し、反映する力を守ることです。

USI techにより人生に良い影響がもたらされている方が数多くいらっしゃいます。
そ皆様のビットコイン返却を推し進めるににあたり、ご忍耐いただき、積極的に参加いただいておりますこと、感謝申し上げます。