2018年4月22日日曜日

USI-tech(ユーエスアイテック)の1.0へのリペイ(返金)がどれぐらい遅いかについて:私の進捗状況をシェアさせていただくと。。。

こんにちは
USI-techのBTCパッケージ1.0への返金についての発表は、
3月7日にバックオフィスのポップアップするお知らせに記載されていましたが
この中の

The income from the direct sale of a BTC 2.0 Package sales is split as follows:
 35% to commissions for the referring upline
 ​15% for company expenses
​ 50% for repayment of: (obligations at 24th Feb, 2018)
  Remaining 1.0 packages
  Outstanding commissions
  Prior wallet balances

の部分、

BTC2.0パッケージの直接販売の売り上げからの収入は以下に分配されます:
 35%は、アップラインへの紹介コミッション
 15%は、企業の経費
 50%は、以下への返済(2018年2月24日現在の責務)
  残りの1.0パッケージ
  未払いのコミッション
  以前のウォレットの残高

が、ひびいているなあと思います

(そのための対応も含めた内容でした。全訳は、こちらに書いています、ご参照ください>>USI-techより旧1.0パッケージの支払い内容が届きました 

 その後も、「ハッシュを購入してマイニング量を増やすなどしているけれど、経費の高騰や、ビットコイン価格の下落などでなかなか進まない」ことも、お知らせが出ていますが、どれぐらいリペイ(返金)が遅いか

ほんとに遅いですね

******************

私の場合ですが
以前は、毎日付く利益から、
BTCパッケージをほぼ毎日10パッケージから15パッケージ購入していました
1パッケージは50ユーロなので、500ユーロ分あるいは750ユーロ分=約6万6千円分あるいは9万9千円相当を毎日リバイに充当できていました。
毎日が素敵なお給料日って感じだったんだなあと、今は遠くを見る目ですが。




プラス、引き出しを以下のペースでしていました。
一回の引き出しは0.1ビットコイン相当。約9万4千円分。
(最後の引き出しは1月3日。その後の1月5日の引き出しリクエスト2回却下になりました。)
私は大黒柱なので、大変助かっておりました。



ところが、1.0が停止して、リペイが開始。
そしてそれがすごーーーく、小額づつ。

その後の状況ですが、1.0のリペイがやっとたまって、2.0を1パッケージだけ(50ユーロ相当)リバイしたのが、3月7日。


そして1.0のリペイが引き出せる金額までたまって、引き出しリクエストを出したのが昨日です。金額は、0.0185ビットコイン(1万7千円相当)

かなりスピードが落ちているのがおわかりかと思います。

リペイのスピードアップを図る努力をしているとのことですが、お願いしますよ、USIさん、と願う気持ちと、残りはもうダメかもと思う気持ちのほうが、やはり大きい私です。
願い1割り、あきらめ9割みたいな。

しかし今回実際に引き出し(まだ受け取っていませんが、本日中に受取れる予定。受取ったらまたブログに書きます)できたので、
希望をもって待ちたいところです。

またシェアさせていただきますー




2018年4月21日土曜日

USI-Tech(ユーエスアイテック)のリペイ(返金)を少し引き出しましたので、その詳細も合わせてご報告

こんにちは

久しぶりにUSI-Tech(ユーエスアイテック)のリペイ(返金)が入り、
ようやく引き出せるだけの額になりましたので、引き出してみました。

ここで、今回のUSIの現在の要点の確認です
********************
*)BTCパッケージ1.0は停止、購入時価格(100%)を(私たちへ)返金するとのこと
  (140%は出ない)

 *)1.0のパッケージのリペイ(返金)は、BTCパッケージ2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ、自動的に入る。
 (なので、Available Balance (利用可能な残高)に表示されている数字は一向に増えず、どうなっているんだ!と思い続けてかなり経った頃に、数字が変わるという感じです)

 *)1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る

 *)BTCパッケージ2.0と1.0の違いは、1.0は5営業日のみ利益がついたけれど、2.0は毎日付く。他は同じ。以前の1.0と同じく、140%利益が出れば寿命終了。(ただし、いろいろな問題がおきてから現在は、日利の利率がかなりかなり低くなっているようです)

 *)1.0と2.0は同じ価格(50ユーロ)ただし、50ユーロ相当のビットコイン価格。

 *)1.0へのリペイは、利益の余剰金からの分配になるため、なかなか利益が出ないようです。

 *)ただし、マイニングハッシュを購入し、リペイの速度をあげようと努力中とのこと

 *)Available Balance (利用可能な残高)は、BTC2.0のリバイ(利益で購入)に当てるか、引き出しが可能

 *)引き出しは100ユーロ(相当のビットコイン)がたまってから出せる

 *)引き出し手数料は2%
***************
まとめると、こんな感じになるかなと思います。

さて、以下私のバックオフィスです。

1)ログインすると、右側(赤枠で囲んだ部分)に、My Available Balance (利用可能な残高)が出ています。
上に書きましたが、「1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る」ので、この数字が、まったく変わらない日が長らく続いて、突然ぽっと数字が変わる、という感じです。


2)左メニューのMy Wallet(わたしのウォレット)へ行き、ビットコインを引き出すことにしました。
右の緑色のWithdraw(引き出し)ボタンをクリック。
(日本語だと「撤退」と出ています。変換が妙ですが、「引き出し」です。

3)緑のWithdraw(引き出し)ボタンをクリックすると、引き出せる画面になりますが、Amount to Withdraw(引き出す金額)をビットコイン価格で入力する空欄の下に、(Minimum withdrawal amount is 0.01366120BTC)と出ています。これは「引き出せる最小金額は、0.001366120ビットコインです)という意味ですが、こちらのビットコインは、今現在の100ユーロ相当のビットコイン価格です。
上の要点にも書かせていただきましたが、「1.0に対するリペイは、日々付く利益が購入時価格と同等、または新BTCパッケージを購入できる価格まで付いた時点で、初めて数字となって現れ、2.0のAvailable Balance (利用可能な残高)へ入る」ため、100ユーロ相当には足りず、数字も変わらず、かなり私は待っておりました。


そして全額を引き出そうと試みましたが、Amount to Withdraw(引き出し金額)に、全額を打ち込んでも、2%の引き出し手数料が引かれた金額に勝手に調整されて出てきてしまうので、今回、0.0185ビットコインを引き出すことになりました。


引き出し方法を新たにまとめました。








USI-tech(ユーエスアイテック)利益の引き出し方法:2018年2月

USI-tech(ユーエスアイテック)の利益の引き出し方法の基本は変わりませんが、
画面が少々異なることと、注意点があるので、まとめました。
ご参照ください

1)左メニューのMy Wallet(自分のウォレット)をクリックし、右の緑のWithdraw(引き出しボタン)をクリックします。
(緑のボタンは「撤退」と訳されているかもしれませんが、引き出しボタンです)

2)ここで最初に気をつけるのは、「秘密の質問」をまだ設定されていない方は、先に設定する必要がある、という点です。(下写真の(6))(過去に書いたブログですが、設定方法を書いていますので、ご参考にどうぞ>>セキュリティに関する質問の設定方法

以下、下のイメージをご参照ください。

1)自分の受取用ウォレットのアドレスを(正確にコピー&)ペーストします。既に登録しているなら、プルダウンメニューでそのアドレスを選択します。

 2)引き出し金額を入力
 (その下のMinimum Withdrawal amount is ・・・・は、最小引き出し可能金額なので、これ以上の数字を入力します。これは100ユーロ相当のビットコイン価格です)

 3)水色のRequest Code by Email(確認コードをメールに送信)ボタンをクリックします。> 登録しているメールにコードが届きますので(数字です)、コピーして

 4)コードを貼り付けます。

 5)Verify Validation Code(確認コードを確認)水色の文字をクリックします。
   これをしないと、エラーが出てしまい、引き出し作業ができません

 6)自分で過去に設定した秘密の質問に答えます

 7)Withdraw(引き出し)ボタンをクリックします

以上です。

メールが届きます。
「引き出しリクエストを受けました、安全上24時間後に処理します」というメールです。
質問があれば、こちらへ、と、メールアドレスも記載されています。



2018年4月18日水曜日

World-mining ワールドマイニング、パートナーLAPUさんの実績をシェアしていただきます

こんにちはCrypto Chiemiです
World-Mining(ワールド・マイニング、以下WM)を始めてから、
日本在住のLAPUさんが、参加されて、パートナーとなってくださいました。
ハッシュを実際に購入されて、その様子をシェアしてくだるので、
ブログでシェアさせていただきます。WMのサイトはこちら
LAPUさんがご紹介者になります。こちらからご登録されたかたは、私もご一緒にサポートさせていただきますので、ご不明点があれば、お知らせください。一緒に考えます。
私はアメリカ在住者ですが、LAPUさんは日本在住なので、画面上の違いなどもシェアしていただけるので、より細かく詳細がわかるのではないかなと思っています。

【実績:LAPU=開始日 2018年4月8日】

さて、こちらが、LAPUさんにシェアいただいたご購入の様子です。
(本日1ドルは107円30銭です)

S1とS2のマイニングマシーンをレンタル(ハッシュを購入)されています。
左のオレンジのS1赤枠の中は、3,430Gh/sお持ちで、利益が19ドル67セント(2,110円)出ており
右側のオレンジのS2赤枠は、3,000GH/sお持ちで、利益が21ドル55セント(2,312円)出ていることが記載されてあります。

詳細を下で見ます。



まず、右側の、一番下が始まり、上にいくほど最新情報になっています。

下の行から見て行きます。
-4月8日、SIのハッシュを無料で、WMから4ドル50セント分(482円)、30Gh/s相当を受取る

-4月11日、S2のハッシュを450ドル分(約48,000円)(のビットコイン)で、3,000Gh/s分購入
-4月12日、S1のハッシュを480ドル分(約51,000円)(のビットコイン)で、3,200Gh/s分購入

-4月15日、S1のハッシュを、マイニングにより得た利益から15ドル(1,600円)を使って100Gh/s分購入
-4月16日、S1のハッシュを、マイニングにより得た利益から15ドル(1,600円)を使って100Gh/s分購入

(ということで、上のオレンジ赤枠のとおり、S1を合計3.430Gh/sS2を3,000Gh/sお持ちです)


左のEarnedは、収益の合計で、4月8日から得た収益の合計は、41ドル22セント(4,400円)
その収益のうちの15ドルを使って、100Gh/sを2回購入されたので
Balance残高11ドル22セント(1,200円)になっています。



また、Lapuさんの実績をシェアしていただきます。
「利益は日本時間の午前1-2時に更新されて付いているようです」と教えていただきました。

LAPUさんによると、日本語表示にするとログインできない不具合が見られるそうです。
ログインは英語でされるとスムーズなようです。

ご覧いただいておわかりかと思いますが、円、ドル、ビットコイン他の相場の影響がありますので、ご留意ください。

*********************
ワールドマイニングについて詳細は>>こちら
登録して無料ハッシュをもらうまでは>>こちら
5種類のマイニングマシーン詳細は>>こちら
購入手順は>>こちら

2018年4月17日火曜日

World-mining (ワールドマイニング)利益の引き出し方法と注意点

こんにちは、Crypto Chiemiです
World Mining(ワールドマイニング)引き出しを試み、わかったことが!
利益は毎日付きますが、
引き出せるのは月曜日と木曜日限定でした。
月曜日から木曜日、ではなく、月曜日または木曜日

ところで私の暮らす地域では本日は月曜日

 引き出そうとしたら、Errorの赤いポップアップが出ました。
下に、支払日(引き出せる日)は月曜日と木曜日です。と書いてある。
ではいったいどこの時計で見るのか?会社のあるロンドン?
答えは皆様がログインしたら右上に出ています。
ここでは
03:30PM (UTC)
17 04 2018 と出ています。

2018年4月17日のUTC時間で午後3時30分です。
UTCは、「協定世界時」という世界時間
この世界時で月曜日と火曜日に該当する日に引き出せます。 そう、4月17日は火曜日です。
私の暮らす地域では今、16日の月曜日なんだけど(アメリカです)

日本の方は現在の時間から9時間をマイナスした時間が世界協定時になります。


さて、引き出しは5ドル相当から可能です。
ビットコインで引き出す場合を以下に載せますね


1)右上の日付と時計で月曜日か木曜日であることを確認したら、
2)左メニューの上から4つめ、Withdrawal of interests(利益の引き出し)をクリックします。
3)引き出し方法をプルダウンで選びますが(赤丸のところ)、ここではビットコインを選びました。アイコンがビットコインに変わります。
4)引き出し金額を入力します。ドル表示です。
5)下のTo the Wallet(ウォレットへ)に、受取用のウォレットのアドレスをコピーしたものを貼り付けます。(間違ったら戻って来ないので、慎重に。)
6)一番下のオレンジのボタン、Request for withdrawal(引き出しリクエスト)をクリックします。

以上です。
続きはでは木曜日にー


World-mining(ワールドマイニング)ちゃんと利益は出ているのかの検証です

こんにちは、Crypto Chiemiです

先日、World-mining(ワールドマイニング、以下WM)というクラウドマイニングの会社に登録して、
無料で30Gh/sをいただきましたが、
その後、自腹で150ドル相当のハッシュを購入。
その後、ちゃんと利益が出ているのか検証です。


こちらが私のバックオフィスへログインしたところの画面(の一部)です

S1から5までマイニングマシーンがありますが、

無料で30Gh/sいただいたものは、4ドル50セント相当で、左上のS1のマシーンで稼働中です。(オレンジ色が稼動している証です。
先日150ドルで1000Gh/sを買ったのはS2のマイニングマシーンで、右上になっています。
(好きなマシーンを選べます)


下の右側の赤で囲んだところは、スタート日と、マイニングマシーンのレンタルの期限が切れる日
私の4ドル50セントのほうは、4月2日にいただきました。
今日は4月の16日なので、14日経っています。ということは、1日平均0.95%の利益がついています。
S1のマシーンの詳細はどうだったか見てみます。


赤線のところは日利。0.9-1.1%なので範疇に入ってます。
ってことは次の行の月利27%も守られそうかな。
レンタル期間は360日になっていますが、その期間に324%になるでしょうか。
なったら、14ドル50セント(約1,600円)になりますよ。

*)皆様、登録して30Gh/sは無料でもらえますので、損はしないから登録してみてはいかがかなと私、思います。

*********

では、自腹を150ドル切って買ったほうはどうでしょう。

*)皆様は自己責任で損してかまわないと思う金額でなさってくださいよ。どんなものにも予測できないリスクがありますから。

4月の12日に買って、今日で4日。6ドル66セントの利益がついています。
計算すると、1日平均、1.11%の利益がついています。

S2のマイニングマシーンの詳細を見てみます。


これも最初の1行目が日利。0.96-1.16%ということなので、1.11%は範疇内です。余裕で。
ということは、表示されているように月利29%行くかな、信用するとがっかりするのがコワイけど。
こちらのマイニングマシーンのレンタル期間(契約期間)も360日です。
360日たって150ドル(16,000円)が、348%の522ドル(56,000円)になったら嬉しいですけどね。

さて、しかし、これはいわゆる、バックオフィスに出ている数字であり、
実際引き出せるのか!そこが一番大事なところ。

次回、実際に引き出してみます。
なお、引き出しは5ドル(500円少々)から。5ドル相当のビットコインで引き出せます

また、パートナーになってくださった方が、私より高額でマイニングマシーンをレンタルされ、実際の数字を画像付きでシェアしてくださるそうで、楽しみです。

ブログでシェアさせていただきますね。

*********************
ワールドマイニングについて詳細は>>こちら
登録して無料ハッシュをもらうまでは>>こちら

5種類のマイニングマシーン詳細は>>こちら
購入手順は>>こちら
*********************





World-Miningを装った詐欺メールが届きました。メルアドを公開している方は気をつけてください。

こんにちは

一般の方には心配無いと思いますが、World-miningを始めているかたで
オンライン上に、関連付けて自分のメールアドレスを公開している方は
詐欺メールが出ていますので、ご注意ください。

私はメールアドレスと共にWorld-Miningをしていることをブログで公開しているので
このような詐欺メールが届きました。
英語でphishing(フィッシング)と呼びます。オンラインで、ひっかかりそうな人と釣るから魚釣りのFishing(フィッシング)からできた言葉です。

私は日を開けて2通届きましたが、同じタイトル
VIPプロモーションと書いてあり、
どちらも同じ内容、送信者は、Daniel.C以下、ワールドマイニングっぽいアドレスです。


多言語で記載されてあり、今回選ばれた人のみ1/3の価格でハッシュを提供しますというもの。
VIP待遇なので、バックオフィスには表示していません、メールが届いた方だけの待遇です、と書かれてあります。
日本語では書かれていないのが救いです。

World-Miningの正式サイトに記載されてあるサポートサービスのメールアドレスへ
問い合わせをいたしましたら、これは偽メールですという返事をいただきました。

購入は正式サイトよりなさってくださいとのこと。

皆様もオンライン上にメールアドレスを公開される場合は気をつけてください。


2018年4月10日火曜日

USI-techからのお知らせが届きました 4月9日

USI-techからお知らせが届きました。このお知らせは、バックオフィスへログインすると、ポップアップで現れるお知らせと同じものです。

以下に訳してシェアしますね。

要点をまとめると
1)(これまでは、BTCパッケージ1.0のリペイ(返金)が、皆様がパッケージ購入時のビットコイン価格、あるいは現在の2.0の価格(1パッケージはどちらも50ユーロですので、50ユーロ相当のビットコイン価格)になれば、リペイとして表示され、
その1.0のリペイを手動で2.0のAvailable balance(利用可能な残高)へ以降してから、引き出しや2.0の購入ができるしくみでしたが、
今後はリペイは1.0から2.0の利用可能な残高へ、自動的にうつります。
なので、バックオフィスにログインして、自分のダッシュボードを見て、「利用可能なバランス」のところに数字が出てきていれば、リバイや引き出しができます。
(ただし引き出しは100ユーロ相当のビットコイン価格からとなっています)

2)このリペイには、電気代の高騰や、ビットコイン価値の下落に伴うマイニングの困難等が影響しているけれど、ペタハッシュを引き続き少量づつでも追加していくことで、リペイを加速しようと尽力している

3)今後も進捗状況をお知らせしていく姿勢である

ということのようです。


*************

(BTCパッケージ)バージョン1.0のデータ移行が完了いたしましたこと、お知らせできますことを嬉しく思います。
詳細を、バックオフィスのView package and commission detail for 1.0 Packagesに表示いたしております。

当社パートナーの皆様へさらなるサポートを提供するため、皆様の1.0のバランスを、2.0のバランス(利用可能な残高)へ、自動的に移行する機能を追加いたしましたので、引き出し、またはバージョン2.0をご購入いただくことができるようになります。
バランス(残高)が必要額に達すると、自動的に移行されますが、これにはBitcoinの価格に影響され変動する可能性があります。

当社は現在いくつかの課題に直面いたしておりますが、それは皆様の利益に影響のある問題ですので、その2つの主な要因をお知らせいたします。

まず第一は、電気代が急激に上がりましたことから、所有しておりますBitcoin残高が減っており、支払いにあたり、さらにBitcoinが必要となっております、
もう1つの主要因は、現在のBitcoin価格に連動し、マイニングが困難となっているため、当社の利益にも影響が出ていることです。

しかし、これらの課題にとりくみながら、当社は引き続き努力を続けており、ペタハッシュを追加していくことで、支払い額を増やしております。
この機会を生かし、確保いたしましたペタハッシュをさらに追加しますので、今の悪い方向へ変わっているこの状況が改善され、マイニング市場の状況が良くなればパートナーの皆様への支払いをさらに増やせることとなるでしょう。

上記のように、当社は皆様に開発について絶えず情報提供を続け、パートナーの皆様への当社の義務を履行するためのコミットメントをお伝えし続けます。


USI-tech
マネジメント

***********

私のリペイはぜんぜん追加されないまま1週間以上たちましたー
次のリペイが出たらなんとか引き出せるんじゃないかなと期待しているんですが

ビットコインの価格もなんとか上がっていただきたいところです


2018年4月6日金曜日

World-mining(ワールドマイニング)クラウドマイニング、リターン27-37%の案件

マイニングマシーンのハッシュを購入することで
マイニング利益の分配が入るクラウドマイニング
検証して、ページに書きました 
会社詳細と、無料登録方法、無料でハッシュをもらう方法を記載しました


登録はこちらのワールドマイニングから↓(私の紹介になっています、ご了承ください)


なお、実際に購入される方は自己責任でなさってください


*********************
ワールドマイニングについて詳細は>>こちら
登録先ワールドマイニングへのリンクは>>こちら
登録して無料ハッシュをもらうまでは>>こちら
5種類のマイニングマシーン詳細は>>こちら
購入手順は>>こちら
*********************

2018年4月3日火曜日

USI-techより米国・カナダでの運営停止の発表がありました 4月2日

以下、バックオフィスおよびメールにてUSIより届いた通知です

「重要通知

アクティブな参加者が当社の製品およびサービスを未だ不適切に促進し続けているため、USI-techは米国およびカナダでの運営を停止することをお伝えいたしますこと、まことに遺憾に存じます。
これらの管轄地での新規登録および製品の購入はこれをもちまして即時停止といたします。
また、隠蔽工作などの不正行為や、米国およびカナダの管轄地ないより当社製品およびサービスへ(VPN接続などを介して)アクセスすることは厳格に禁止いたしており、そのような行為が露見した際は関係当局へ報告いたします。

当社サービスや製品を購入した米国およびカナダに住むアクティブな参加者の皆様には、最新のニュースレターでお話いたしましたとおり、当初の購入にかかる条件に沿って、支払いを引き続きお受け取りいただきます。


USI-TECH
コンプライアンス」


***************

なお、上記該当は、米国・カナダのみです。
返金は引き続き行われるとのこと。時間がかかっていますが、信じて待つしかないかなあ・

テキサス州で数名の「ディストリビュータが活動停止を言い渡されたのがことの発端となっていますが、
先日は、クラウドマイニングの大手のジェネシスまで、サウス・カロライナ州で、証券法違反とかなんとか言われちゃって、州からの撤退を言われているとかなんとか

何かにつけ、仮想通貨がらみのビジネスは、米国では世知辛い対応をうけているようです
某大手ビットコインマイニング会社のサイトへアクセスすると「あなたは米国からアクセスしていますが、米国在住者はメンバー登録を受け付けません」というメッセージが出たりして、
会社だけでなく、取引所なども数えると、米国在住者が登録できないものがけっこうあります
自由なようで自由じゃない国だなあ

また何かニュースが届きましたら、訳してシェアしますね